最近の若ェヤツぁ・・・

夕方のニュースで、県内のとある大きな企業の社内成人式の様子を流していた。

画面の中で、眼鏡をかけた小ぎれいな新成人の男性が「20年間親にお世話になったので、お金を貯めて、親孝行を・・・」という内容のコメントを言っていた。

私は心底感心して、「今頃の若い子はすごいねぇ。私なんかハタチの時に貯金して親孝行を・・・なんて考えたこともなかったのに。先のことを考えて貯金しようなんて、30過ぎてから思うようになったけどねぇ。」ご飯を食べながらもくもくと言った。

するとダンナさんは「つまらんねェ。いい若いもんが、『貯金して』だなんてさ。若いうちは金を使ってでももっといろいろ経験しとくべきだよ。小さくまとまっちゃロクな男になんねーよ。」と、下町のオヤジみたいなことを言った。

そのコメントにも「おお!」と感心させられた。

確かに、私に息子ができたら、そのくらいの心意気はあってほしいと思う。

貯金だの親孝行だのと言う気持ちは少しはあってほしいが、人前で言うのは家庭を持ってからでもいいのかもしれない。

いろいろなことを考えた成人の日であった。

| | コメント (0)

2012年こころの旅

みなさま、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいします☆

今年はいいニュースがたくさん聞けますように♪

********************************

ところで、こうした「明けましておめでとう日記」に今年の抱負を記す方は多いと思う。

「一年の計は元旦にあり」という言葉もある。それはとっても素晴らしいことだ。

しかし、私こと不肖まちるだは敢えて新年の抱負をここに発表しないこととする。

まちるだを心から愛してやまない皆さんは、知りたくて知りたくてしょうがなくなるだろうとは思うが、やはり公表するわけにはいかない。

なぜならば、私は、目標を口に出しちゃうと守れなくなる人間だからだ。

「言ってばっかりでぜんぜん実行しないじゃない」と、よく言われている(笑)

逆に言えば、人知れずこっそり目標をたててこっそり実行することに満足する・・・というわけで。

うふふ♪

そんなわけで、正月からこたつでゴロリゴロリしながら、「今年は再び職につくことだし、新しいこといっぱいしたいな~♪」「肉体改造とかするか~♪」と、お菓子を食べながら妄想を膨らませているまちるださんなのだった。

| | コメント (4)

きみはともだち♪

消防を辞めてからというものの、お友達が増えた。

それも、「気のおけない友達」ってヤツ。

そんなお友達のみなさんと、クリスマスイブに3回目の忘年会をした♪

年下の素敵な彼を射止めた人、これまた年下の彼と結婚した人、モテモテだけど独り身のまま年を越す小悪魔系女子、今年もバイクと原動機の話をしながらクリスマスを過ごす独身男性諸君・・・

ちょっと風変わりなこの人たちとは大人になってから知り合ったんだけど、今や個人的な悩みを打ち明けることもできる、素敵な仲間たちなのだ。

その中に、ちょっと男前な女子がいる。

私が「兄貴」「兄さん」と呼ぶ彼女は、やたらとハードな雰囲気を醸し出し、常に女子をエスコートしてくれるナイスガイ。

宝塚の男役スターというよりは、Vシネマに出てくる兄貴のようなゴツさ。

革のジャケットに身を包み、立ち居振る舞いや言動にもキレがあり、おまけにケンカも強い。

さながらジェームズ・ディーンのような彼女・・・いや、彼。

仲間内の男子の中でも、男らしさでは彼がダントツ一番。

今年の忘年会で、勢いに任せて私は彼にこう言ってみた。

「兄さんさあ・・・私は、兄さんは体的には女だけど、中身は完全に男だと思ってるんだよ。それでええかね?」

すると、彼の顔つきがパッと変わった。

めっちゃ満面の笑顔になったのだ。

少年のようにくしゃくしゃの笑顔で、私の手をガッシリ掴んで、彼は言った。

「ぜんっぜんイイっす!っつーか、むしろ自分はそう思ってもらったほうがうれしい!」

ゴッツイ手で、彼は私の手を何回もブンブン振った(←兄さん、かなりお酒が入って上機嫌♪)

「これからも、ずーっと、よろしくお願いしますっ!!」

兄さんは、ブンブンブンブン私の手を振っていた。

 

「・・・なんてなことが、あったのさー」

と、次の日、お茶を淹れながらダンナさんに話した。

ダンナさんは一緒に忘年会に出席していたのだけど、その場にはいなかったのだ。

ダンナさんは、特に表情を変えることなく平然と言った。

「いいんじゃないか、それで。うれしかったんじゃないかな、兄さん。いい友達じゃないか」

そうだよね。ジェンダー的に難しいことなんて考えなくていいんだ。

兄さんは、ジェンダーは関係なく、人としてとても素敵な人なのだから。

なんか、この年になってもいい友達が増えてきて、私は幸せだなあと感じたクリスマスでした☆

みんなが末永く幸せでありますよーに☆★☆★

| | コメント (6)

1年4か月ぶり♪

実に1年4か月ぶりのブログ再開です。

先週末で、1年近くにわたる地獄の病院実習が、やっと終わりました~!!

長かった・・・そして過ぎてみるとあっという間でした。

大袈裟にではなく、本当に実習が終わるとは思えず・・・

とにかく「生き抜こう!!」とシベリアに抑留されたかのような悲壮な気持ちで耐えてきました。

とりあえず、終わった。

あとは国家試験だけ!

 

・・・なんだけど、就職後は地元に帰るために引っ越し先を確保しないといけない。

就職後、すぐに家の建築に取りかかりたいから、今から情報収集と建築計画を練らないといけない。

あ!卒業式に着る袴も予約しないと!

 

まだまだ、やることは山積みです(笑)

| | コメント (2)

JUST MOVED

引っ越しました。

しかしながら、人生ってほんとにいろいろあるもので。
なんと引っ越し前日にいさちゃんがバイクで事故に巻き込まれ、負傷
K市消防さんのお世話になりました。
負傷の程度は…鎖骨骨折。
その日には家(実家)に帰りました。
看護が必要ということで、一週遅れで来週から新居に入る予定だった私も急遽入居することに。
でも、複雑骨折じゃなかったからまだいいか…と思っていたら、今日の診察で手術が必要であることが判明
入院します。
今週はテスト週間だし、まだグループの実技チェックの練習もしなきゃならない。
家族が入院するからって、学校は許してはくれません
入院準備に事故の処理に新居の整理にテストに実技チェック。
はー、忙しい
唯一の救いは、10:0で相手側の過失が認められたこと。
生活費は保証されました。
保険って、大事ねぇ

| | コメント (6)

金魚の足


前回の日記で、めりさんからご指摘のありました、金魚ちょうちんキューピーの足です。
ちょこんと出てます。
かわゆいね~

今日も抜けるような青い空が広がってます。
飛行機雲がくっきり
カエルちゃんも日陰に避難です(笑)

| | コメント (2)

金魚ちょうちんキユーピー発見


夏です
暑い
しかし暑いとは言っても、田んぼに囲まれている我が家はわりと涼しい風が吹いてくるので、和室は意外に涼しいのです
さて、昨日の夕方、学校帰りに柳井駅で電車を降りると、駅の港内にでっかい金魚ちょうちんが飾られていました。
柳井の夏の風物詩です。
これを見ると「あぁ、夏休みだー」って気持ちになります。
JR柳井駅のおじさま方、暑いなかの取り付け作業どうもお疲れさまでした。
そして徳山駅在来線口キオスクでこんなもの発見
金魚ちょうちんストラップ
思わず買っちゃいました。
柳井駅にもあるかなぁ
今度見てみよう。


夕方の徳山駅在来線口では、夕方の情報番組のロケをやってました。
横溝さんガンバレ

| | コメント (6)

親戚の名がWikipediaに載ってる!!

前回の日記に書いた親戚のW氏ですが・・・何と、ウィキペディアでその名を発見しました!

敢えて名前は伏せますが、内容は以下のとおり。

「W.I氏: 退役陸軍大尉。ファミリーネームが示すとおり日系人である。デルタフォース創設メンバーの一人であり、部隊創設にあたって最初にBeckwith大佐自らが選抜した下士官の一人。デルタフォース入隊時は曹長だったが、Beckwith大佐の推薦により一足飛びに大尉への昇進を果たし(ダイレクトコミッション)、情報将校補佐に就任した。柔道合気道など様々な武道の達人である。 」

グリーンベレーに所属していたとは聞いていたけど、まさかデルタフォース創設メンバーだっただなんて・・・

ちなみに、デルタフォースとは以下のとおり。(ウィキペディアより抜粋)

「デルタフォース: Delta Force)とは第1特殊部隊デルタ作戦分遣隊: 1st Special Forces Operational Detachment Delta/略称:1st SFOD-D)の通称であり、主に対テロ作戦を遂行するアメリカ陸軍特殊部隊である。なおアメリカ政府は公式にはデルタフォースの存在を認めていない[1]。デルタフォース自体は通称だが、それをさらに省略しデルタと呼称することもある。なお、第1特殊作戦部隊デルタ分遣隊と訳される場合もある。」

今回、数人乗りの軍用飛行機で来日したとか、岩国米軍基地で講演したとか、専属通訳を連れてうちにやって来たとか、「なんかわからんけど偉いさんなんじゃなぁ」ぐらいにしか思ってなかったけど、なんてこったい☆

ほかのネット上の記事によると、合衆国内でも著名なテロと諜報の専門家として活動、911の際にはCNN、CBS、FOXニュースに出演したのだとか。

すげー。

思えば、私のひぃひぃ爺さん・文吉氏(W氏のひぃ爺さん)は奇兵隊。

私にもW氏と同じ文吉氏の遺伝子が入っているわけだから、実はやってやれないことはないのかも(←根拠のない自信。笑)

しかし、W氏に対抗するには「国境なき医療団」に入って紛争の激しい地域に行くとかそれくらいしないと太刀打ちできないよなぁ(笑)

いつかアメリカに行って、W氏にお会いしたいところです。

にしても、「アメリカ政府は公式にはデルタフォースの存在を認めていない」ってとこが気になるとこです(・△・;)

ん~、こわっ!

| | コメント (2)

日系3世の親戚、W氏来日

実は本家がアメリカはハワイ州にある、まちるだ家。(本当です)
私の曾祖父の長兄(鉄平)一家が「必ず戻って来る」という約束で戦前に移民としてハワイに渡ったため、仕方なく三男の曾祖父・房蔵がまちるだ家の家督を預かったのでした。
ところが「I’ll be back」の言葉むなしく、鉄平一家はそのままハワイに居ついてしまいました。
それから百年あまり。
房蔵の家系は分家のまま、まちるだ家を守っています。
ハワイの鉄平一家との交流は、比較的英語が堪能な親戚の間で細々と続いていましたが、先日、鉄平の孫・W氏から突然来訪したい旨の連絡があったのでした。
しかも、防衛庁を通じて。
送られてきた履歴書のようなものには、何やら堅苦しい(つか、血なまぐさい)経歴が…
ランボーかと思った(笑)
そんなこんなで、ペンタゴンの地下にお勤めのW氏が、今日、ご自分のルーツを辿りに我が家にやって来ます。
残念ながら、私は学校
英語は「ハロー」しか知らないうちの両親は、応対できるのでしょうか…

| | コメント (2)

男のお小遣い話そして由美かおる

えーと…今回の日記の内容をまとめて題名にしたら、こんなことになりました(笑)

先日、消防の同期の男子数名と飲む機会がありました。
男が集まれば必ず出るのが嫁の愚痴。
今回もまたしかりでした。
飲みの席で、既婚者が自分のお小遣いについての不満をつらつらと語り始めたので今後の参考に「じゃ、一ヶ月につき幾らくらい要るの」と聞いてみました。
答えは「3万」。
頷く男子一同。
その話をうちのいさちゃんにすると、いさちゃんの反応は…
「そんなに要らねーよ
そんなにいっぱいもらって、一体何に使うんだ…といさちゃんは首を捻っていました。
う~ん…同期のヤツらといさちゃんの違いは…
・煙草を吸わない。
・酒を飲まない。
・ギャンブル関係は一切しない。
・釣りをしない。
・風俗やチャンネェのいる飲食店に行かない。
こんくらいかな。
…金銭的にかなり違うかも(笑)
しかし、いさちゃんは車とバイクに金がかかる
そこをどうクリアするかが大事ですな~。

それから、私の大好きな由美かおるサマに熱愛報道が
秋山先生、マジパネェ
あの美しい由美かおるサマを間近で眺められるだなんて、ちょっとうらやましすぎるんですけどー

| | コメント (5)

より以前の記事一覧