熊本大学合唱団 Freie Kunst Gemischite Liedertarfel 52期同期会

大学の同期会のため、憧れの九州新幹線に乗って熊本に行ってきました。
15年もたつと熊本の繁華街である下通・上通・新市街はすっかり様変わりして、通っていたカフェやお店は全て姿を消していました。
残っていたのはマックやケンタッキー・フライド・チキンなどのファーストフード店と百貨店だけ。
紀伊国屋書店まで無くなっていました…(T_T)

同期会の会場は、合唱団にはおなじみのドイツ風ビアホール、オーデン。
これは残ってました。
なつかひー(T∀T)
メンバーは、Oガくん、ラッシャー、M村くん、あおくん、Kミちゃん、私の6人。
顔を合わせた瞬間に
「うわぁー!あおくんだぁ!」
「熊本駅、見たか?!オレ、出口がわからんかったぞ!」
と大騒ぎ。
17年も会ってないのに話が途切れることなく、オーデンから出ると
「熊大行こうぜ!」
「二次会は『一本槍(熊大生御用達の居酒屋)だ!』」
と誰からともなく言い出し、タクシーで熊大の赤門へ。
千鳥足で花陵会(合唱団の練習場所)を覗き、細い路地を『一本槍』に向かって歩きました。
途中、
「まだある!○○のアパート!」
「あたしんちあそこ!」
「オレんち電気ついてるよう!」
と酔っ払いの35歳がやかましいのなんの…
私たちが大学生のころは、週末になれば夜中でも部室に電気がつき、道に大学生がウヨウヨしていたものでした。
それはそれは賑やかだった。
しかし、今はまだ夜の10時だというのに路地に大学生の姿はなく、時折猫が通り過ぎるのみ。
部室も明かりはなく、通りもシーン…としてました。
今の熊大生は何してるんだろう?
みんな家にいるの?
そんなに品行方正なの?!
『一本槍』のママさんによると、合唱団の子たちはもう何年も飲みに来ないとのことで、なんだかとてもわびしい気分になりました。
とはいえ、我々は『一本槍』を出ると今度はあおくんの家に歩いて行き、家飲み!
国家公務員のあおくんは独身で宿舎に住んでるので、家にみんなが来て嬉しそうでしたo(^-^)o
18~19歳の頃の写真を見て、今だから言えるちょっとした暴露大会もありつつ、みんな「変わんねぇなぁ!」と言い合って、とてもとても楽しい夜でした♪
みんな完全に大学生に戻ってました。
「次は夏な!」と言い出したのは誰だったか。
とりあえず夏にまた熊本に集まろうと約束したのですが、酔っ払いのみんなは覚えてるかなぁ?

| | コメント (0)

フィンランド名物「マリッコのウニ」

日本に帰ってきたら、一週間のあいだに菜の花が咲いてすっかり春めいてました。
そして、いつの間にか弟夫婦がアパートを引き払って、一時的に実家に身を寄せていて、実家が賑やかになってました♪
そこで、ちょうどいいので両親と弟夫婦にお土産を持って行きました。
「マリメッコのウニッコ柄だ
マリメッコを広げた瞬間、義妹ちゃんの目がハートに
そーだ。そーいえば、義妹ちゃんは北欧雑貨が好きなんだった☆
韓国にしか興味ないおかん。
「何、それマリッコの…ウニマリモッコリ」
いーえ、お母さま。
マリメッコのウニッコです
マリモッコリは、ナニがモッコリしてる北海道のキャラクターです
おかんに空耳アワードをあげたくなった、春の夜でした

| | コメント (2)

不思議の国 フィンランド~お土産~

ご存知の方もおられるように、昨日まで約一週間フィンランドを旅してきました。
旅といっても、添乗員さんに連れて行ってもらうツアーなんだけどね
目的は、「ムーミン博物館」と「かもめ食堂(映画)」のロケ地巡り。
だけど、興味なかった北極圏があまりに楽しかったので、そちらにハマっちゃいそうです。
北極圏については、また別の機会に語るとして、まずは私が買ってきたフィンランドのお土産をご紹介。
イッタラの陶器。

イッタラのアウトレットショップで買っちゃいました
イッタラといえばこのストライプ。
どんな料理にも合いそうです
そして、マリメッコ。
これらも、マリメッコのアウトレットショップで買いました。

ここにはないけど、もうすぐ生まれてくる弟夫婦の赤ちゃんにもマリメッコのロンパースとスタイレットを買いました
マリメッコのベビー用品はかわいい
埋もれている雑誌は、ダンナ様へのお土産
ヘルシンキ空港で、ダンナ様が好きなBBCの車番組の雑誌を発見すかさず買い
帰ってダンナ様に見せたら、予想以上に喜んで飛びついてくれました。
「楽しかったよ」とキャッキャ話す私に、「ほらね。だから無理してでも行ってきなさいと言ったんだよ。絶対にそんな顔で帰って来ると思ったんだ」とダンナ様。
感謝感謝です

| | コメント (6)

乗りごろ撮られごろ☆鉄ちゃんの青春

旅…というほどのものではありませんが、電車に乗って下関方面に向かっております。
昼から子連れで同期生と集まり、信号・車マニアのトシ坊と遊んだので、なぜか電車に乗ってワクワクしています。
この田舎にしては珍しく、車両内の座席はほぼ埋まっていました。
空いている隙間に座り、ふと横を見ると、海側を陣取っているお兄さん二人が目に入りました。
向かい合って座っていますが、一人は時刻表を抱え、一人はカメラを構えている。
彼らは紛れもなく、鉄ちゃん(←鉄道マニアのこと)
前者は「乗り鉄(電車に乗るのが好きな人)」、後者は「撮り鉄(電車そのものや電車からの風景を撮るのが好きな人)」と思われます。
鉄ちゃんって、案外一目でわかるものですね。
鉄な雰囲気が全身から醸し出されています。
彼らは貴重な三連休を大好きな鉄道(鈍行)の旅に費やすのですね。
金と時間をかけて、いろいろな土地を旅して回る。
なんだか、贅沢な楽しみだなぁ。
彼らがちょっとうらやましいです

| | コメント (4)

月島でもんじゃ☆


東京二日目は、消防の同期のK氏に月島にもんじゃ焼きを食べに連れて行ってもらいました
人生初・もんじゃ焼き
浮かれる私と案内役のK氏。
表通りからふらりと入ると、狭い路地裏に「もん吉」という小さな店が。なんだか惹かれて入ってみました。
おばちゃんの早口な下町言葉が聞き取れず、ドキドキしながら注文。間髪入れずにネタが来ました。
器用にもんじゃを焼くK氏。その手さばきにビックリして「何度も食べるの?」と聞くと「いや。3回目だよ」と涼しい顔。
チャッチャッと混ぜてとろみがついたところで「はい、できたよ」
猫舌の私には苦行とも言えるような熱さにハフハフ言いましたが、これがなかなかにおいしい。特にチーズ入りは「」と二人で顔を見合わせるほどまろやかでよかった
私より1歳年下のこのK氏。現在は霞が関の総務省消防庁にお勤め。所属消防から出向という形で、一年間だけ東京に派遣されて来ています。
新人教育の同期で、6ヶ月の教育期間中には私とお付き合いなさっておりました。器用で聡明、勉強ができるだけでなく身体能力も高く、キラキラしていた22歳の彼は、私よりも何倍も高いところにいるように思えたものです。
レスキュー隊志望のK氏と、落ちこぼれの私。気持ちが噛み合わず、新人教育が終わる頃には関係も終わりました。
数年経って仕事がらみで会い、連絡を取るようになりましたが、彼の様子は一変していました。
念願のレスキュー隊になって数年、事務職に異動になり、すっかり仕事への意欲が失せていたのです。
かつてのイケメン()なK氏ではなくなったけど、一緒に地下鉄に乗って歩き回り、笑ってもんじゃをつついたことで、少しでも楽しいと思ってくれたならそれでいいかな。
実家は遥か北の大地。所属は山口県。10代の頃から10数年も独りで気を張って生きているK氏。
東京は過ごしにくいところだろうけど、元の所属に戻れるのもあと少しだから、がんばれよ。

| | コメント (2)

東新宿アカスリの旅


今、東新宿の韓流スパにいます。
6時間料金2600円で10時間滞在できるキャンペーンをやっていたので、ちょっとオトク気分

汗蒸幕(ハンジュンマク)というサウナで汗を流し、アジュンマ(おばちゃん)にアカスリとオイルマッサージしてもらって、気分は韓流スター
汗をかいたので、シッケという飲み物を頼みました。これは、麦や米を発酵させて作った、韓国のお茶。風呂上がりにいいんだそうです。ほのかに甘くて飲みやすいです。

ものすごい垢がでました
まじでビックリ(笑)
でも、洗い上がりはキモチイイ
それにしても、アカスリのアジュンマが黒いセクシー下着で現れたのにはビックリ話には聞いてたけど、ほんとにブラと短パンのみ
だけど、アジュンマ自体はうちの母親くらいの年で、体型も標準的なオバチャン体型だったので、なんだかユーモラスでした(笑)
そして、磨き方とオイルマッサージの仕方は限りなくワイルドでした(笑)

| | コメント (2)

富士山は日本一。



先ほど、富士山前を通過。
よく晴れ渡り、気持ちがいいほどに富士山は白いです

| | コメント (5)

まちるだ、東京へ行く(第三回)

St330392  またまたやって来ました。東京。

日本大学芸術学部の心理学教授 佐藤綾子先生の「パフォーマンス学R」を受講するために。

・・・ですが、今回は自称「カバン持ち」のいさちゃんも一緒だったので、観光色の強い東京滞在となりました☆

いさちゃんの目的は、新宿の「オペラシティ」内の「オペラシティアートギャラリー」で開催されていた「F1 失踪するデザイン」展。F1素人の私にはなんのこっちゃわけわからん内容でしたけど、展示されてあった7点の本物のF1の車(1960年代~現在)には圧倒されました。走ってもいないのに、そこにあるだけですごい迫力!細々と整備士やってるうちのおとんにも見せてあげたかった。

St330377 さて、東京一日目は新幹線で昼ごろに新宿に到着、午後いっぱいは西新宿のエステック情報ビルの21階で授業を受け、夕方からいさちゃんと代官山へGO!

目的は「オニツカタイガー東京」。

オニツカの直営店は代官山のこの店が第一号なんだとか。通りから路地を少し入ったところにあり、看板もこじんまりしていたので、気を抜いていたら見逃しそうでした。有名なオニツカフリークの芸能人なども来るらしいんですが、私たちが行ったときは閉店間際だったからか空いていて気持ちが良かったです☆いさちゃんはリーバイスとのコラボジーンズをご購入、私は靴下と黄色のスニーカー(メキシコ66)をお買い上げになりました♪

St330379 一日目の夕飯は、代官山でたまたま見かけたカフェへ。カレーがおいしいということだったので、カレーを注文。これがおいしかった!!後から知ったのですが、長澤まさみが「メントレG」でこのカレーを紹介していたのだそう。まったく辛くはないので「・・・これ、カレー?」と首をかしげるほどだったのですが、ココナッツミルクの風味がよく効いていて、そりゃーおいしかった☆辛くないからお子様にもいいかもね♪

二日目は、午前中にまた代官山へ出没。高校の同級生のさや嬢オススメの「キルフェボン」へ。ここのタルトがおいしいということだったので、スイーツ大好きのいさちゃんに話したところ「行く!」ということになったのであります。お店の位置がわかりにくいのなんの・・・。迷いました。しかも、看板が一切ない!!不親切なこじゃれ方だけど、それが玄人感を演出。店内は小ぎれいで、ジュエリーのようにキラキラしたタルトが並んでいました♪

St330382 代官山から新宿に帰ってきて、オペラシティへ。上に書いた「F1 疾走するデザイン」展へ行ったあと、昼食をとる間もなくエステック情報ビルへ直行、講義を受けて、夕方から今度は浅草へ!!講義の同期生には「観光の王道をいってますね」と笑われちゃいました~。

午後6時を過ぎると浅草の仲見世も半分シャッター街になっちゃってました。ガラガラとシャッターを降ろす重い音が響く中、それでも仲見世には観光客がいっぱい!St330381

 

 

 

 

 

 

 

Photo そんななか、ある店の軒先で揺れる赤い物体を発見・・・

・・・ん?

なんか見覚えある・・・

・・・と、思ったら!

我が柳井市の「金魚ちょうちん」ではないですか!!

遠い遠いお江戸で、山口県の、しかも県内でもマイナーな柳井市の伝統工芸品に出会うなんて!!

おもいっきり「柳井の金魚ちょうちん」って札があるし!

Photo_2 第興奮しながらバシバシ写真とってたら、シャッターを閉めていたお店のご主人が「柳井のかた?」と話しかけてきました。「そーです。まさかこんなとこで地元の名物に会うだなんて思わなかったです~」と笑ったら、「かわいいですよねぇ。これ、すぐそこのお店からもらったんですよ。その店には大きな金魚ちょうちんを飾ってありますよ」と教えてくれました。うれしかった☆ちなみに、教えてもらったお店に行ったら、すでに店じまいしたあとでした。残念。

 

 

 

St330387

夕暮れの浅草寺。

もうお線香も全部消えているのに、参拝客が絶えません。

・・・つーか、この写真は中国みたいですねぇ。

特に手前の自転車のおかぁさんが(笑)

 

 

 

St330389 夜の浅草寺も、なかなかにステキです☆

今は埼玉に住んでいる、高校の同級生のふみちゃんは、先日、ここ浅草の浅草寺で結婚式を挙げました。

そういう結婚式も、なんか、うらやましぃす。

 

 

 

 

St330394

 

 

 

 

 

 

 

St330397 浅草、おもしろすぎ。

「御用だ御用だ!!」が出てきそう(笑)

 

 

 

 

 

 

St330395 あ~、「この顔にアッ!ときたら110番」ですね。

ねずみ小僧さんが手配されてますよ。 

ちなみにこのねずみ小僧さん、いさちゃんに顔が似ているので大笑いしました。

 

 

 

 

St330399 夕飯は、浅草の一角にある、昔ながらの洋食屋さんで。

有名なお店だそうで、店内は芸能人のサイン色紙で埋め尽くされていました。

いさちゃんは、なぜか藤岡博.のサインに喜んでいましたね~。よく藤岡博.のものまねするからね~。

お好み焼きやさんみたいな店内だったけど、ビーフシチューがおいしかった!

St330400 最後は、新宿で都庁の展望台(45階)へのぼり、おみやげ物やさんでなぜか笑点グッズを買い、カップルにうんざりしながら帰りましたとさ(笑)

おあとがよろしいようで・・・。

| | コメント (8)

初夏の有馬温泉→宝塚観劇ツアーの巻♪その2

St330224 二日目。

阪急バスに乗って、一気に宝塚まで向かいます。

途中は山の中の道を通るので、なかなか風光明媚。

 

 

 

 

St330225 しかし、残念なことにバスの窓枠にガムのカスが・・・。

「ゴミはゴミ箱に」の表示がなんだか虚しい。

 

 

 

 

 

 

Cimg0212 バスに揺られること30分。

阪急宝塚駅前にて下車。

 

 

 

St330230 駅から宝塚大劇場へのプロムナード。

その名も「花のみち」。

街路樹の奥に見える赤い大きな屋根が宝塚大劇場。

色鮮やかな花々と、中央のカップルがなんともかわいらしい♪

若いっていいねぇ・・・

 

 

St330232 大劇場にとうちゃーく!!

 

St330233 入り口から中を撮影。

キラキラしてます。

ゴージャスです☆

 

 

St330238_2 ゴージャース!! 

 

 

 

 

St330242 大劇場の中にはたくさんの飲食店があります。

軽食専門のカフェもけっこう本格的レストランもいろいろあって、どこで食事をしようか迷います。

我々は、とりあえず川に面したテラスでコーヒータイム☆

 

Cimg0229 汗ばむ陽気だったけど、川から吹く風がここちいい。

鳩がたくさんいましたね~。

 

 

  St330244_2

本日楽しんだ演目は、月組公演「ME AND MYGIRL」

イギリスの貴族 ヘアフォード家の家督相続をめぐるハートフル・ラブコメディ。

ロンドンの貧民街で育ったヘアフォード家のご落胤とその恋人が巻き起こす騒動と、二人が勉強をつんで上流階級に受け入れられていく過程を描くミュージカル。

St330246 つみれ嬢は主演の男役トップスター 瀬奈じゅん氏の大ファン。

私は特にお目当てはいないものの、男役の霧矢大夢氏のダンディズムが好きですね☆

あんなに口ひげが似合う女も珍しい(笑)

 

St330234_2 そんなこんなで、有馬・宝塚ツアーを満喫☆

帰りは新大阪駅から新幹線で帰りました。

また行きたいなぁ・・・♪

| | コメント (4)

初夏の有馬温泉→宝塚観劇ツアーの巻♪その1

St330194 風薫る五月・・・まであと少しの四月下旬。

女子高生時代からの悪友、はるのつみれ嬢と二人で、初夏の旅行としゃれ込みました。

三十路独身女が行く先は・・・

もちろん温泉。

癒しを求めて、兵庫県は有馬温泉へGO!!

そして二日目は宝塚観劇。

華麗なレビューに胸を踊らせ、写真をバシバシ☆撮ってきました♪

 

 St330179

第一日目。

旅行当日はAM4時起き!

私はJR柳井駅から電車に乗り、山陽本線で広島駅へ。

つみれ嬢は新山口駅から新幹線に乗り、広島駅から私も同じ新幹線に乗り合わせて行きました。

人影もまばらな早朝の電車内。

昇る朝日をパチリ☆

Cimg0122 JR新神戸駅で新幹線を下車。

北神急行に乗り換え。

北上して有馬へ向かいます。

乗り換えのホームにて。

神戸に行ったことは一度しかないけど、新神戸駅の新幹線口のオシャレな内装にびっくり!まちるださんはしゃぎまくり。

でも、そんなキレイな新神戸駅を写真に撮るのを忘れてました・・・。

Cimg0124 有馬温泉駅にて。

途中、谷上駅にて神戸電鉄に乗り換えて、有馬温泉駅までは30分くらい。

乗り換えた谷上駅では、ホーム内に踏切があるのを見て大興奮!

そんな駅見たの、熊本の豊肥本線以来!

田舎ののどかな駅って、いいですねー。

市街地から田舎へ景色が変貌していく車窓の様子はなんとも心躍るものでした。

Cimg0123 どうです?

「旅」って感じでしょー?

いちばん前の車両に乗っていたら、運転席の広い窓が丸見え。

「電車でGO」みたいな感じかな?(←ゲームはしたことないけど)

ものすごい臨場感でした。

ここ最近、「鉄子の旅」という女子向け(?)鉄道マンガを読んでるワタクシ。

Cimg0132 にわか「鉄子」としては、マンガで見た知識が実際に目の前に広がっているのを見ると、めっちゃ興奮しますよー。

・・・ワタシって、30過ぎて腐女子してる?!

 

神戸電鉄 有馬温泉駅で下車、駅を出ると目の前にキレイな噴水。

しかし・・・そこにはこんな謎めいたモニュメントが。

「友情」と刻印されてあるこのカッパちゃん。

このグラマラスな胸元から推察するに、メスと思われます。

不思議な存在感に、思わず撮影。

Cimg0147 お昼ごはんは、おそば。

車がギリギリ一台しか通らない一方通行の路地沿い(←観光のメイン道路の一つですが)にシックな和風モダンのお店を発見。

名前は「むら玄」。

おろしそばをいただきました。

おそばをがっつくまちるだ。こんなとこはなかなか見られません。

そば好きなんで、嬉しくって付け合せに葉わさび漬けまで注文しちゃいました。

 

Cimg0141

佃煮は有馬温泉名物の一つ。

こちらのお店でお買い上げ。

春摘みの「花山椒」の佃煮が珍しくてよかったんだけど、なんとも高価なのにびっくり!

話のタネにほしかったけど・・・断念しました。

 

Cimg0155_2 有馬には細~い路地がいっぱい!

あちこちに石段と路地の入り口があって、入り組んでます。

・・・とはいえ、町の観光名所自体がこぢんまりとまとまっているので、複雑なつくりにはなっていないから安心。

必ず一度は通った場所に出ます。

思わぬ洒落たお店を発見したりするから、RPGみたいな楽しみ方ができますねー♪

そうやってあちこち歩いていたら、古びた味のある看板を発見!

Cimg0156 ついついふらっと寄っちゃいました。

店内には湯の花のほかに、酒屋さんがしているような前掛け、手ぬぐいなどの和雑貨や有馬名物炭酸サイダーが。

炭酸サイダーのレトロなラベルをもじったふんどしを発見!!

ヘンなもの好きなまちるださん。

買いました(笑)

 

Cimg0165 温泉寺あたりの枝垂桜。

4月の終わりごろだったけど、まだ可憐に花を咲かせていました。

汗ばむほどにうららかな陽気。

境内の静寂に、二人で手を合わせました。

今年はまちるださんは前厄、つみれ嬢は本厄。

息災に過ごせますように・・・。

Cimg0167 そしてカメラ小僧状態のまちるださん。

ドシロウトのくせに、アングルにこだわってます。

 

 

 

St330200 こちらは湯泉神社。

この近辺には、法然上人ゆかりの史跡や豊臣秀吉ゆかりの史跡・宝物館などが点在してます。

Cimg0174  

 

 

 

 

 

 

 

St330195 有馬には、あちこちに泉源があります。

しかも、町中のいたるところにあるから、歩いて回ることも可能。

写真は泉源の一つ、「御所泉源」。

もうもうと吹き出す湯気。

ゴワンゴワンをうなりをあげて湧き出る温泉。

硫黄のニオイがあたりに充満し、鉄も石も黄土色に染まって、町の真ん中なのに異様な雰囲気に包まれています。

 

St330205

路地の一角にあるお肉やさんの店頭で見つけた「神戸牛の佃煮まん」

興味本位で一個お買い上げ。

おそるおそるつみれ嬢と半分に分けて食べてみると・・・

これがなんと美味!!

甘辛く味付けされた牛肉が、めっちゃうまい!

もう一個買わなかったことを非常に後悔した二人でした。

 

 

Cimg0204  

そして、夜。

路地の角のスイーツやさんが、夜は居酒屋となっていました。

静かな静かな有馬の夜は、こうしてふけゆくのでした・・・。

 

「その2」へつづく→

| | コメント (7)

より以前の記事一覧