« 2012年2月 | トップページ

2012年3月

熊本大学合唱団 Freie Kunst Gemischite Liedertarfel 52期同期会

大学の同期会のため、憧れの九州新幹線に乗って熊本に行ってきました。
15年もたつと熊本の繁華街である下通・上通・新市街はすっかり様変わりして、通っていたカフェやお店は全て姿を消していました。
残っていたのはマックやケンタッキー・フライド・チキンなどのファーストフード店と百貨店だけ。
紀伊国屋書店まで無くなっていました…(T_T)

同期会の会場は、合唱団にはおなじみのドイツ風ビアホール、オーデン。
これは残ってました。
なつかひー(T∀T)
メンバーは、Oガくん、ラッシャー、M村くん、あおくん、Kミちゃん、私の6人。
顔を合わせた瞬間に
「うわぁー!あおくんだぁ!」
「熊本駅、見たか?!オレ、出口がわからんかったぞ!」
と大騒ぎ。
17年も会ってないのに話が途切れることなく、オーデンから出ると
「熊大行こうぜ!」
「二次会は『一本槍(熊大生御用達の居酒屋)だ!』」
と誰からともなく言い出し、タクシーで熊大の赤門へ。
千鳥足で花陵会(合唱団の練習場所)を覗き、細い路地を『一本槍』に向かって歩きました。
途中、
「まだある!○○のアパート!」
「あたしんちあそこ!」
「オレんち電気ついてるよう!」
と酔っ払いの35歳がやかましいのなんの…
私たちが大学生のころは、週末になれば夜中でも部室に電気がつき、道に大学生がウヨウヨしていたものでした。
それはそれは賑やかだった。
しかし、今はまだ夜の10時だというのに路地に大学生の姿はなく、時折猫が通り過ぎるのみ。
部室も明かりはなく、通りもシーン…としてました。
今の熊大生は何してるんだろう?
みんな家にいるの?
そんなに品行方正なの?!
『一本槍』のママさんによると、合唱団の子たちはもう何年も飲みに来ないとのことで、なんだかとてもわびしい気分になりました。
とはいえ、我々は『一本槍』を出ると今度はあおくんの家に歩いて行き、家飲み!
国家公務員のあおくんは独身で宿舎に住んでるので、家にみんなが来て嬉しそうでしたo(^-^)o
18~19歳の頃の写真を見て、今だから言えるちょっとした暴露大会もありつつ、みんな「変わんねぇなぁ!」と言い合って、とてもとても楽しい夜でした♪
みんな完全に大学生に戻ってました。
「次は夏な!」と言い出したのは誰だったか。
とりあえず夏にまた熊本に集まろうと約束したのですが、酔っ払いのみんなは覚えてるかなぁ?

| | コメント (0)

フィンランド名物「マリッコのウニ」

日本に帰ってきたら、一週間のあいだに菜の花が咲いてすっかり春めいてました。
そして、いつの間にか弟夫婦がアパートを引き払って、一時的に実家に身を寄せていて、実家が賑やかになってました♪
そこで、ちょうどいいので両親と弟夫婦にお土産を持って行きました。
「マリメッコのウニッコ柄だ
マリメッコを広げた瞬間、義妹ちゃんの目がハートに
そーだ。そーいえば、義妹ちゃんは北欧雑貨が好きなんだった☆
韓国にしか興味ないおかん。
「何、それマリッコの…ウニマリモッコリ」
いーえ、お母さま。
マリメッコのウニッコです
マリモッコリは、ナニがモッコリしてる北海道のキャラクターです
おかんに空耳アワードをあげたくなった、春の夜でした

| | コメント (2)

不思議の国 フィンランド~お土産~

ご存知の方もおられるように、昨日まで約一週間フィンランドを旅してきました。
旅といっても、添乗員さんに連れて行ってもらうツアーなんだけどね
目的は、「ムーミン博物館」と「かもめ食堂(映画)」のロケ地巡り。
だけど、興味なかった北極圏があまりに楽しかったので、そちらにハマっちゃいそうです。
北極圏については、また別の機会に語るとして、まずは私が買ってきたフィンランドのお土産をご紹介。
イッタラの陶器。

イッタラのアウトレットショップで買っちゃいました
イッタラといえばこのストライプ。
どんな料理にも合いそうです
そして、マリメッコ。
これらも、マリメッコのアウトレットショップで買いました。

ここにはないけど、もうすぐ生まれてくる弟夫婦の赤ちゃんにもマリメッコのロンパースとスタイレットを買いました
マリメッコのベビー用品はかわいい
埋もれている雑誌は、ダンナ様へのお土産
ヘルシンキ空港で、ダンナ様が好きなBBCの車番組の雑誌を発見すかさず買い
帰ってダンナ様に見せたら、予想以上に喜んで飛びついてくれました。
「楽しかったよ」とキャッキャ話す私に、「ほらね。だから無理してでも行ってきなさいと言ったんだよ。絶対にそんな顔で帰って来ると思ったんだ」とダンナ様。
感謝感謝です

| | コメント (6)

« 2012年2月 | トップページ