« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

映画『K-20 怪人二十面相・伝』

CSで見ました。

金城武と松たか子という私が大好物としているお二人の主演とのことで、前から気になっていたこの映画。

金城武の笑顔に思わず顔が緩んだことはこの際おいといて(笑)

いや~、おもしろかった!

「冒険活劇」ってやつですね。

CGがどうの、ストーリーが荒唐無稽だとか、時代考証が云々とか、原作をぶち壊してるとか、中心の役者がトウがたってるんじゃないのとか、深く考えながら見ちゃダメ。

主人公と「お姫様(松たか子)」の関わり方は「ルパン三世 カリオストロの城」そのまんま。

主人公のアクションが「スパイダーマン」そのまんま。

主人公の成長の過程が「マスク・オブ・ゾロ」そのまんま。

いろいろ突っ込みどころはあるけれども、無条件に面白かったと思いますよ。

私的に気に入ったポイントは、明智小五郎役の中村トオルが一部で見せるコミカルな演技。

『あぶない刑事』を見たことがない私はシリアスな中村トオルしか知らなかったので、コミカルな面を初めて見たのでした。

その意外性にちょっとビックリ☆

中村トオル、かわいいじゃないか!

松たか子は、とびきり美人ってわけじゃないけど(←実はワタクシ、大学生のころは「松たか子に似てる」と言われたものでした。今は全否定されますが。あのころに戻りたい・・・(笑))、おちゃめな役を演じたらホントにステキだね♪

金城武は・・・文句ナシ。鼻血が出そう。家に連れて帰りたい!(笑)

序盤で要潤がちょっとだけ出てました。

金城武と顔の系統が似ている彼が出ていたというのが、狙った演出なのかどうかはわかりませんが、キャナメも大好きな私にはうれしい演出でした♪

う~ん、満足!

| | コメント (2)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »