« 2010年8月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

深紫伝説

先っぽに点火すると、音もなくじりりと火が付いた。

立ち上る紫の煙。

窓から差し込む日光が煙に透けて、筋になっている。

使っているライターは、100円で売ってある安物。

どこかで拾ってきたものだが、どこで拾ってきたんだか覚えてはいない。

火は、ゆっくりじりじりと、しかし確実に近づいてくる。

熱い。だけど、この熱さがたまんない。

 

・・・お灸。

 

ああ、癒される♪

重度の肩こりでお悩みのまちるださん、ほぼ毎日のお灸タイムが癒しなのだ☆

もぐさの匂いが好きなんだけど、ダンナさんはこの匂いで頭が痛くなるとブーブー言うので、ダンナさんがいない間にひそかに温熱効果を楽しむのである。

フフフ♪

年末だからか、CS放送のミュージックチャンネルで「○○年代ヒットソング特集」とかやってる。

つい、見ちゃう。

で、見たら、懐かしさにチャンネルを変えられなくなるのだ。

2000年代の曲は何とも思わないけど、90年代の曲はほぼ全て歌えてしまう自分にあらためてビックリする。

今年流行った曲で、歌える曲は何曲あるかしら・・・

・・・

・・・ナイ。

一つも。

でも、そんなもんかな。

30代半ばの既婚女性としては、フツーのことなのかも。

年月が経って気づく良さもある。

80~90年代は、洋楽もサイコーにイイ。

ホール&オーツとか大好き♪

もっと、洋楽が聞きたいな。

 

ちなみに、うちのダンナさんの反町隆史の歌マネは、サイコーにくだらなくてイイです☆

 

看護学校に入ってから、文才がなくなったな・・・↓

| | コメント (2)

きみはともだち♪

消防を辞めてからというものの、お友達が増えた。

それも、「気のおけない友達」ってヤツ。

そんなお友達のみなさんと、クリスマスイブに3回目の忘年会をした♪

年下の素敵な彼を射止めた人、これまた年下の彼と結婚した人、モテモテだけど独り身のまま年を越す小悪魔系女子、今年もバイクと原動機の話をしながらクリスマスを過ごす独身男性諸君・・・

ちょっと風変わりなこの人たちとは大人になってから知り合ったんだけど、今や個人的な悩みを打ち明けることもできる、素敵な仲間たちなのだ。

その中に、ちょっと男前な女子がいる。

私が「兄貴」「兄さん」と呼ぶ彼女は、やたらとハードな雰囲気を醸し出し、常に女子をエスコートしてくれるナイスガイ。

宝塚の男役スターというよりは、Vシネマに出てくる兄貴のようなゴツさ。

革のジャケットに身を包み、立ち居振る舞いや言動にもキレがあり、おまけにケンカも強い。

さながらジェームズ・ディーンのような彼女・・・いや、彼。

仲間内の男子の中でも、男らしさでは彼がダントツ一番。

今年の忘年会で、勢いに任せて私は彼にこう言ってみた。

「兄さんさあ・・・私は、兄さんは体的には女だけど、中身は完全に男だと思ってるんだよ。それでええかね?」

すると、彼の顔つきがパッと変わった。

めっちゃ満面の笑顔になったのだ。

少年のようにくしゃくしゃの笑顔で、私の手をガッシリ掴んで、彼は言った。

「ぜんっぜんイイっす!っつーか、むしろ自分はそう思ってもらったほうがうれしい!」

ゴッツイ手で、彼は私の手を何回もブンブン振った(←兄さん、かなりお酒が入って上機嫌♪)

「これからも、ずーっと、よろしくお願いしますっ!!」

兄さんは、ブンブンブンブン私の手を振っていた。

 

「・・・なんてなことが、あったのさー」

と、次の日、お茶を淹れながらダンナさんに話した。

ダンナさんは一緒に忘年会に出席していたのだけど、その場にはいなかったのだ。

ダンナさんは、特に表情を変えることなく平然と言った。

「いいんじゃないか、それで。うれしかったんじゃないかな、兄さん。いい友達じゃないか」

そうだよね。ジェンダー的に難しいことなんて考えなくていいんだ。

兄さんは、ジェンダーは関係なく、人としてとても素敵な人なのだから。

なんか、この年になってもいい友達が増えてきて、私は幸せだなあと感じたクリスマスでした☆

みんなが末永く幸せでありますよーに☆★☆★

| | コメント (6)

1年4か月ぶり♪

実に1年4か月ぶりのブログ再開です。

先週末で、1年近くにわたる地獄の病院実習が、やっと終わりました~!!

長かった・・・そして過ぎてみるとあっという間でした。

大袈裟にではなく、本当に実習が終わるとは思えず・・・

とにかく「生き抜こう!!」とシベリアに抑留されたかのような悲壮な気持ちで耐えてきました。

とりあえず、終わった。

あとは国家試験だけ!

 

・・・なんだけど、就職後は地元に帰るために引っ越し先を確保しないといけない。

就職後、すぐに家の建築に取りかかりたいから、今から情報収集と建築計画を練らないといけない。

あ!卒業式に着る袴も予約しないと!

 

まだまだ、やることは山積みです(笑)

| | コメント (2)

« 2010年8月 | トップページ | 2012年1月 »