« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

山陽本線にメトロの車両が

現在地、山口県下松駅。
なんと、下松駅にメトロの車両がいました
運転席前部をビニールシートに覆われた状態で。
これから東京に向かうんでしょうな。
いやぁ、レアなものを見た

| | コメント (6)

広島にて美術館めぐり


 
週末に広島に行ってきました。
まずはいさちゃんの趣味で、交通科学館の『働くくるま展』。
もちろん消防のクルマにくぎづけ(笑)
展示されていた救急車が私が最後に乗っていた型の「パラメディック」(日産エルグランドがベースの救急車)だったので、説明パネルに書いてないことをいろいろ教えてさしあげました(笑)
広島交通科学館は鉄道や飛行機の模型が豊富で、車関係はマツダの地元なだけあってロータリーエンジン(他のエンジンも)の展示が充実しています。
説明もわかりやすい!
いさちゃんとキャッキャいって回りました。
そのあと『みっちゃん』でお好み焼きを楽しんでひろしま美術館の『ロートレック展』に行くつもりが…
『みっちゃん』のレジ横で広島県立美術館の『ムーミン展』のポスターを発見
これは見逃すわけにはいかない
その足で県立美術館に直行(笑)
これはすごかったです
北欧文学の至宝トーベ・ヤンソンの原画をあれだけ見られることはこの先ないかもしれません。
なんて貴重な出会い
かなりの枚数を見たのでずっしりと疲れましたが、そこからさらに本命のひろしま美術館へ
『ロートレック展』にたどり着いたのはいいけれど、閉館まで残りわずか30分
急いで見て回りました。
しかしここでも、思いがけずドガやミュシャの作品まで見ることができて、大満足
最高のホワイトデー
美術館めぐりにつきあってくれたいさちゃんに、感謝感謝でした
次は『マルグリット展』があるんですって
マルグリットを見ずして近代美術を語ることはできない
これも行かねばっ

| | コメント (2)

シャーロック・ホームズ(しかもガイ・リッチー版)

昨日から映画「シャーロック・ホームズ」が封切られているもようです。
実はプチ・シャーロキアンな私。
小学生時代から中学生時代にかけて全作品を読みました。
あの、小賢しいホームズのしゃべり方と分析が大好きでした。
19世紀末のヴィクトリア朝ロンドンの空気もいいですね
ベーカー街123番地にある、ハドスン夫人の下宿に行ってみたいものです(←もちろん架空の番地で、存在しませんが)。
さてさて、映像化されたシャーロック・ホームズといえば、NHKで何度も放映されているイギリスのグラナダTV版が有名で、あのホームズ像がいちばんしっくりくると感じる人が多いようです。
声の吹き替えはもちろん『太陽に吠えろ』の『ヤマさん』
神経質なかんじがたまりませんな。
でも、今回の映画のシャーロック・ホームズは、なんとロバート・ダウニーJr.
めっちゃ顔の濃いオスカー俳優です。
チャップリンの一生を描いた映画『チャーリー』に出演していた人で、大学生のころにこれを見て私は一気にハマったんですわ
知的で情熱的でチャーミングで、素晴らしかった。
そして、監督が『ロック・ストック・トゥー・スモーキング・バレルス』『スナッチ』のガイ・リッチーっていうじゃないですか
最近は「マドンナのダンナ」としてつまんないゴシップを流されてばかりだっただけに、ちょっと嬉しい。
バイオレンスは嫌いだけど、彼の映画のどす黒いユーモアは好きです
『ロック…』は良かった
 
あー、映画見たいなぁ

| | コメント (0)

哀愁の山陽本線

電車が来る15分も前に駅についてしまいました…
都市部と違い、30~1時間に一本しか電車が来ないこの路線。
吹きっさらしのホームでかじかむ手を温めながら電車を待たなきゃなりません。
それでも、柳井駅はホームに屋根があるだけマシかもね~(笑)

| | コメント (2)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »