« スクラップブッキング☆ | トップページ | 富士山は日本一。 »

未来妄想図

始発の電車に飛び乗って、東京に向かっています。
今日は4時起き。
まだ外は真っ暗で、風光明媚な瀬戸内海の景色は見えません。
今日の運転士さん(車掌かも)は女性。社内アナウンスが爽やかです。なんかいいことありそう

いつも電車内では本を読みながらいろいろな妄想にふけります。特に考えるのは、未来のこと。
救急医療を目指した私ですが、去年から「助産師の道もアリかも」と考えるようになりました。
スクラップブックしながらいろいろ調べていくうちに、妄想はふくらみます。
看護学校卒業して看護師国家資格取って→別の専門学校の助産課程に行って助産師国家資格取って→しばらく現場で経験積んで→大学の助産修士課程に行って研鑽を積んで…
そして最終的には助産院を開くのはどうだろうとか
地方には若者も少ないけど、産科も少ない。特に産科医不足が深刻なことはメディアで繰り返し流れています。それを補うために、特別な教育を施した助産師に、軽い外科的手術ができる権利を与えようという動きがあるらしいのです。聖路加看護大学は、既にその方向に動き出しています。もちろん、法改正が大前提ではありますが。
もしこの計画が実行されれば、新しい分野だから、どういうリスクがあるかはまだわからない。
私も、看護学校で学ぶ間に他の医療に興味を示すようになるかもしれない。
だから「助産師になります」とマニフェストのように宣言はできないけど、「なれたらいいなぁ」と妄想して夢をふくらませています

|

« スクラップブッキング☆ | トップページ | 富士山は日本一。 »

おしごと。」カテゴリの記事

コメント

助産師!
助産師こそ、いくつになっても挑戦できる分野じゃない?
かっこいいよね~。
それに、あれほどやりがいのあるお仕事はないっ。
私もなれるものなら、新しい命をとりあげるお仕事、
やってみたいなぁ。。。
出産するたびに、いい仕事だなぁって思う。
あんな感動のシーンに立ち会うのが仕事だなんて

たかちんが助産師になったら、もう一人産んじゃおうかな~。
とりあげてもらおうかな~。

そしたら、私が産めるくらいの年齢のうちに
なってもらわなくちゃっ。

・・・でも、友達にやってもらうのは、
やっぱりちょっと抵抗あるね。。

投稿: さやか | 2009年2月15日 (日) 00時02分

>さや嬢
はっはっは~
産婆さんですよ、産婆
まぁ、いざ産むときになれば、助産師が友達だろうがなんだろうが気にしてる余裕はないかもね~(笑)
関東では、周産期医療センターの助産師なんかは、かなり優秀じゃないとなれないんだって山口は…どうだろう

投稿: まちるだ | 2009年2月15日 (日) 07時31分

たーちんならなんでもなれるさ!
ぜひこの地で開院を!

例えばさ…出産までの数ヶ月を海と山に囲まれた
このストレスフリーな大自然の中でリラックス…

毎日新鮮な食材とすばらしい環境での適度な運動もできるし。
…全国から妊婦がやってくるかも。
新しいビジネスだ~~~!!!(私も妄想中。)

投稿: メリスケ | 2009年2月15日 (日) 15時17分

>めりスケたん
すげー誇大妄想(笑)
そんな施設、できたらいいねぇ
ちょっと交通は不便だけど、暖かく風光明媚な土地
地元の食材を使った美味しいお料理
妊産婦さんがコミュニケーションを取れるサロン…
ゆったりすごせる図書室みたいなのもあったらいいな~
たまに知り合いや地元のミュージシャンを招いてコンサート開いたり
助産師だけじゃなくて、看護師さん・栄養士さん・調理師さん・保育士さん・送迎の運転手さん…いろんなスタッフを揃える必要があるねぇ。
…てゆーか、スタッフは南中ズでほぼ揃えられるんじゃない無理やり総動員したらの話だけど(笑)
「いや、実際には上の子の世話とか家事があるしさぁ」とかいう現実問題はおいといて、夢があるわよね~ぇ(人´∀`)
…で、土地は相の浦で決定と(笑)

投稿: まちるだ | 2009年2月16日 (月) 12時02分

>関東では、周産期医療センターの助産師なんかは、かなり優秀じゃないとなれない

そうなのか~。
うちの女子たちは病院は違うけど
二人とも周産期医療センターで生まれたから
あの助産師さんたちはかなり優秀だったのね。
(リカは帝王切開だったから出産自体は医師だったけど)

唯一の男子は山口の某医院で生まれたけど、
たまたまかもしれないけど、
出産を担当してくれた助産師が、
申し訳ないけどへたっぴだった。。。
点滴は血管に入ってなくて、血液逆流しちゃってたし、
その後何度さしなおしても入らないし。
陣痛痛いのに腕まで痛くされちゃって、相当きつかった
挙句に陣痛強くなっちゃって点滴間に合わずにLDRに移動した。
その他にもここでは言えない痛みをたくさん負わされたよ。
産後、1ヶ月くらい腕は青あざになってました。

愛想もいまいちだったし。
たかちんはやさしい助産師になってくださいな

投稿: さやか | 2009年2月17日 (火) 17時49分

>さや嬢
えええ
某医院って、Uクリニックだったっけ?
LIGHT市のM医院だったっけ?
それにしても、その助産師はないわ~
ゴン太が生まれた時のS総合病院(JA系)の若手助産師も、挨拶しないわ、テンション低いわ…。
黙って脈とか診て、こちらから質問しないと何も教えてくれなかったしね。
ありゃなかったな~。
あれで助産師勤まるなら、私はラクショーだよ。ってくらいレベル低かった。
しかも、従妹が入院していた一週間、他に妊婦さんは一人もいなかったし。
さすがS東総合病院。
クオリティ高し

投稿: まちるだ | 2009年2月17日 (火) 20時25分

LIGHT市よん♪
食事とかお部屋の設備、エステとかはいいんだけど
正直、腕はイマイチ!
と思っております。
ルイが生まれる前にも、
リサに授乳中の里帰りかなんかで
柳井で乳腺炎になってそこに行ったことがあって、
いつも横浜で通ってた助産師さんと
やり方が真逆で、
おさまりかけてたのがひどくなったこともある。
あそこでは、
助産師さん、イマイチな人ばっかり当たってるんだ。

先生はまあまあだったけどね。

でも昼ドラばりにドロドロしてる話も聞いたから
もうあんまり行きたくないな~って思います。

たかちん、助産師になって♪

投稿: さやか | 2009年2月17日 (火) 23時12分

>さや嬢
まぢか
LIGHT市のM上医院って、いい評判ばかり聞いてたからビックリっすよ
同じ市のplum田病院に比べたらM上の方がいいって、もっぱらの評判だったのに…
…でも、さやがそう言うってことは、山口県東部の産婦人科または助産師のレベルは、東京の周産期医療センターのレベルに遥かに劣っているってことだよね~。
まぁ、個人病院と周産期医療センターを比べること自体がナンセンスなわけだけど、山口県内の産婦人科の絶対数が少ないからしょうがないのかなぁ。
助産師、取りにいきたいね~
まずは看護師免許だな~

投稿: まちるだ | 2009年2月18日 (水) 00時00分

そうね~。
M医院の評判はそのあたりでは確かにいいはずなんだよね。
(実はUクリニックは、一度診察受けたけど医師があまりに下手で、そのままM医院に変えたんだ)
助産師に関しては、女子たちの病院には
全くもって不満はなかった。
待遇は、エステや豪華お祝い膳とかなかったし
個室でもなかったから
M医院と比較して不満おおありだったけど、
本当に大事なのは、そういうことじゃないもんねぇ。
逆に、それが安全、安心とひきかえになってる部分なんだろうね。
『周産期医療センター』って、客寄せする必要ないだろうし。
リサなんて、いつか天皇になるかもしれない悠仁さまと
同じ病院で生まれてる。
そんなところで、点滴刺せない人がいたら、困るかもね。。。

投稿: さやか | 2009年2月18日 (水) 00時21分

>さや嬢
なるほど…それは実際に都会の医療センターと地方の個人医院の両方を受診した経験のある人じゃないと、わからないことだよ。
すげー勉強になった。
ありがとう
確かに、地方と都市部の病院の格差はあるんだろうな~とは思ってたけど…。さやの話は説得力あるわぁ。
「M医院がいいよ」とかみんな言ってても、あくまでこの近辺の産婦人科を比べての話だし、それにどうしても設備(個室だのインテリアだの)とかサービス(豪華祝い膳だのエステだの)でしか見ないしね~。看護師の技術的云々は聞かないなぁ。
…ということは、このあたりの看護師の技術的は似たり寄ったりってこと
都市部とは、病院の設備とか、ハード面の技術力の格差も、医師と看護師(助産師)のソフト面の技術的格差も、どちらもあるんだろうね。
しかし、そこまで違ったら、もはや社会問題だよなぁ…
やっぱ東京に出て、高度な医療(学問ではなく技術面で)を学ぶべきなのかなぁ。
スキルを磨きたければ、その手もあるよね~。

投稿: まちるだ | 2009年2月18日 (水) 13時49分

>さや嬢
追記:
逆に地方の個人産婦人科医院のいいところを言えば、患者の絶対数が少ないから、赤ちゃんとお母さんの一人一人に目が行き届くってところかな。
母子に特に異常がない通常分娩で、出産後の急変もないようだったら、地方の個人医院の技術力でも十分に対応できるってことだよね。
周産期医療センターレベルになると、リスクを背負ったママや赤ちゃんの異常・急変に対応できる技術がいるしねぇ
そりゃ点滴針が刺せんような使いもんにならん看護師(助産師)は、すぐに他の部署に廻されるじゃろーね。
そういや、看護学校に行くと言ったときに、ある人に「働くんなら、総合病院よりも個人病院の方がラク。その代わり、絶対に腐るど。腐りたくなければ、多少キツくても総合病院で技術を磨け」と言われたことがあるよ。
ちなみに、Uクリニックのあべちゃん先生は、とても好い人です(笑)
ただ、説明が下手なだけなんです(笑)
人間的には嫌いじゃないんだな。ただ、頼りないってだけでね

投稿: まちるだ | 2009年2月18日 (水) 14時03分

ずるずるのばしてごめんね。

Uクリニックの先生、いい人だったよ~とっても。
でも、超音波、さっぱりわからなかったし
説明もふにゃふにゃだった。
確かに「頼りない」がぴったりな感じ。

リスクのない出産だったら、本当に個人産院、いいよね。
安くて待遇よくて。
そこでうまくいってる人の方が実際多いわけだから。
私もルイをそこで産んで後悔なんてしてないし。
痛かったけど。笑
でも、万一何かあったとき、どうするか。
ギリギリまでよくわからないまま対応し、
どうしようもなくなった時点で大きい病院へ。
そして、その搬送先で・・・。
っていうのもよく聞きます。
結局、この場合何かあっても
それはその大きい病院での実績になり、
個人産院は無傷、となる。

なんだかね~。
もし少しでも様子がおかしければ、
すぐに搬送してくれる方が、よっぽど良心的な
産院だと思えます。

横浜でおっぱいマッサージで
ずっとお世話になっていた助産師さん。
個人で自宅出産とか手がけてる方(30台後半位?)
だったけど、まず初産は自宅出産は断る(病院をすすめる)、
とか、どんな出産も万一に備えて、大きな病院への
受け入れの手配をしてから、受ける、とおっしゃっていました。
どんなに順調でも、
最後まで何があるかわからないのが出産。
本当にこわいものだ、とおっしゃっていました。


そしてスキルの話。
近所の病院でリカの採血、
何度もさされて、挙句にとれないから
お風呂に入って来い、とかいわれて、
あっためて布団にくるんで連れて行き、
結局それでもとれなくて、
「たぶん大丈夫だから、様子みましょう」
みたいになったことがある。しかも2回。
上の二人は大きな総合病院に入院したとき、
採血に40分くらいかかって、
二人とも5箇所ずつくらいさされたことがある。
しかも、それは看護師じゃなく、医師。
採血のときは、親は見えないように部屋から出されて
泣き声だけを聞かされるので、
本当にこっちまで涙が出るよ。


その点、リカの生まれた病院の先生は、
目の前で採血してくれるし、
失敗なんて見たことない。必ず一発でとるし
それが当たり前。
看護師も、子供の採血専門だから、
どんなに細い血管でも一瞬でぱっぱとすませちゃう。
未熟児ちゃんの細い腕にも点滴できるくらいだもんね。
あの病院は、本当にスキルの高さを感じます。
私は、「求めていた病院はここだ!」
と、絶対の信頼をおいています。
だから引っ越して遠くなっても、転院しないつもりです。

でも、この病院は、紹介状なしには受診できないシステム。
だから、上の子たちの採血は近所でするしかないんだよね。
下手なのわかってて、連れて行く気にはなれないんだよ。。。

世の中の子供たちのため、
ハイレベルな医師、看護師の増加を祈るばかりです。

投稿: さやか | 2009年2月18日 (水) 15時22分

>さや嬢
親御さんは辛いよね!
いた~ぃいた~ぃお注射も点滴も、子供が泣いてるのを聞くぐらいなら自分が代わってあげたいけど、できないんだよね。
だからこそ、信頼できる病院がいいよね。
つーか、それだけハイレベルな病院って、どんななんじゃろ

投稿: まちるだ | 2009年2月18日 (水) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スクラップブッキング☆ | トップページ | 富士山は日本一。 »